【Doing Autoethnography番外】ダラスの空港で夜を明かすには

今回、トランジットの必要な海外旅行が始めてでした。

とにかくお金があんまりなかったし(それでも残った現金でステーキ食べたりしましたけど) 、
サンアンジェロでの移動が全てタクシーだったのでそれに結構かかってしまっていたし、
航空券だって安いものを一生懸命探したんです。

安い航空券は深夜・早朝離発着なのは織り込み済みなので、
よくある空港に一晩! というのをやりました。

ダラス・フォートワース空港はどうも大変忙しく大きな空港だったようで、
いろいろ調べてみた中でも、空港宿泊者に寛容なようです。

夜遅くにダラスFW空港についたら……

もし、21時より前だったら、食べたいものを食べてしまいましょう。
さすがにレストランは深夜はやってないようです。 

スカイリンク(Sky Link)という空港内モノレールに乗って、
まず、ターミナルD(グランドハイアット周辺)を目指します。 
時間があったのでいろいろなターミナルに行ってみましたが、
ここが一番天井が高く、明るいです。
夜遅くまで人もいます。 

夜遅くまで発着があるので、本当に深夜まで人の出入りがあります。

それでも深夜12時になる頃には、ガラガラ。
今回は、早朝の飛行機を待つ人はそんなにたくさんは見当たりませんでした…… 

が!!

ここ、ターミナルDのゲート27〜34周辺にいれば、
うわさに聞いていた簡易ベッドとブランケットが借りられるんです!

と言っても、なにかインフォメーションがあるわけではなく、
その辺にポンと置いてある感じです。

簡易ベッドとブランケット 開くとこんな感じ。熟睡用というより、横になる用?

これは今回ゲート34周辺で見つけました。
他にも、閉店後のカフェの2階にもありました。
これは1階が改装中だったためなのかいつもなのかはわかりませんが、
ゲート33の前にあるカフェの2階はテレビも付いているし、
寝ないようにしようと思うならソファーなどもあり、
また、夜明かしすると決めた人ばかりが集まっているようだったので、 かなり快適だと思います。 

この簡易ベッドとブランケットは他のターミナルではみかけませんでした。
なので、夜ここで過ごすならぜったい、こっちに来るのがおすすめです。
たとえ到着・出発ゲートが遠くても、Sky Linkに乗れば5分とかからず移動できます。 

そして、どうもここのマックは朝の5時から開くようです。
おなかがすいたので、ちょっと行ってみます(^^ゞ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です