「オズの国の歩き方」の不死鳥の羽を買ってしまった

オズの国の歩き方

ナイトメア・プロジェクト新作「オズの国の歩き方」、一回目プレイ終了しましたー。

iOS

Android

3章入ったあたりで、不死鳥の羽の購入を真剣に悩み始め、
週末、時間ができると、どうしても続きをやりたくなって、
結局買ってしまいました。

いや、大方の感想通り、
買って損はないし、後悔はしていないけど、やっぱり全機能解放+不死鳥の羽で4800円はちょっと高い。
3000円を切るくらいだったら、こんなに悩んでなかったでしょうね。
まぁ、ナイトメア・プロジェクト初のスマホゲームということなので
(もちろん携帯ゲームの頃の移植、歪アリとか!! はあります)
ご祝儀だと思うことにしました。

以降、ネタバレは避けますが、こういう記事はあんまり書いたことないので、
気になる方はお避け下さい〜。

かの名作「歪みの国のアリス」は、何かのキャンペーンで無料配布をしていた時にプレイしたんだと思っています。
わたしはホラーは苦手なので!!
自分からホラーゲームを購入してやるようなことは絶対ないです!!
でも、歪みの国のアリスは、たしかにホラーなんですが、ホラーだけでない要素というか、
怖さのみで持っていってるわけではない、というのもあって、
ちょっと怖かったけどどんどん進めていけました。
面白かったですねぇ、あれは……。

で、時間があって、何か面白いゲームはないかなーといろいろ調べていた時に、
あの歪みの国のアリスを作ったチームが新作を、しかも今回はホラーじゃない! しかも一応最後まで無料でプレイできる! のを作ったというので、ダウンロードしたわけです。
わたしにとっては数年ぶりのナイトメア・プロジェクトとの再会でした。

最初の頃は、大きな展開とかもないので、一日羽根4枚でもぜんぜん大丈夫でした。
通勤時間に読める量がちょうど羽根4枚分くらいだったこともあって、
しばらくは無料プレイの範囲内で平気だったんです。
(ちなみに、このしばらく、というのは、アリスが東の果ての村からカカシ、ロボ、ライオンに会って橋を渡ろうとするまで、
未プレイの人でも不思議の国のアリス的には超序盤だということがわかっていただけると思います……)

いやしかしまず南水地方にいくとキャラクターも急に増えるし、
展開もどんどん派手になるし、どんどん続きが気になる感じになるじゃないですか?
なにかの不具合お詫びかなにかでもらった予備の羽根は全然使っていなかったのですが、
南水地方のクライマックスの時についに使ってしまいました。

この頃に考えたのは、せめてバックログ機能を開放したいな……ということでしたね。
続きが気になりすぎて、どんどん読むスピードが早くなってしまっていたので、
ついタップして先へ進んでしまう、ということが頻発していたので。
もちろんストーリーは追っているんですが、最後の行をちらっと読み逃していたり、
展開をよく理解しないまま次のページに行ってしまっていたりして、
ちょっと戻りたい……というのが、無料プレイの範囲ではできない。これが地味にストレスでした。
(ちなみに、ここまででは分岐選択はなかったので、セーブしたいとはあんまり思っていませんでした。
公式にも出ているのでネタバレではないと思いますが、今作は分岐ENDもないので、
不死鳥購入後の今も、セーブ機能はそこまで……必要ではないと思います。
まぁそれでも、一章一項が長いので、お気に入りのところから始めて遊ぶ、とかいうことを考えるとセーブスロットは多ければ多いほうがいいとも言える)

でもアレでしょ? バックログ解放のためにクリスタル10個、これで2000円弱、
しかも買い方によっては金の羽根も付いてきちゃう。
続き進めたくなっちゃうじゃない?

というジレンマの中、どーせ買うなら不死鳥、不死鳥を買わないなら無料プレイのまま、と思いました。

結果、時間を持て余す週末に不死鳥を買ってしまったわけですが、
いや、ヨカッタですね。
後半へ行けば行くほど、一日羽根4枚なんて拷問でしょう。
すでに南水地方を抜けて都市へいくまで、メグ姉さんあたりで辛かった。

さて、ゲームクリアを迎えての感想としては、
やっぱり買ってよかったかな、思う存分、二周目に進めるし、ということかな。
公式にもありますが、序盤から伏線が満載なんですよね。
で、序盤の頃は一日羽根4枚というのんびりのろのろコース(不死鳥を持っている人はきっとこの表現に同意してくれるはず……)でプレイしていたので、
伏線が張ってあっても、覚えてない! ということはいっぱいある気がします。
そのへんの伏線を堪能しながら、二周目プレイを楽しもうかな〜、って。
だってアレが実はアレで、これは実はコレのアレで……という楽しみ方は二周目ならではですよね。
で、二周目プレイを楽しむなら、バックログ機能、セーブ、ロード機能はおそらく必須です。
もちろん、あそこのあの選択肢のために……!!

……と、いうようなことが後半残っているので、不死鳥買っても損ないよ、という記事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です