悲報。Xperia Tipoを思ったより愛せなかった

いままでiPhone5をソフトバンクで持っていたのですが、

海外で盗難に遭い、今は手元にありません。
現在はiPod touchをWi-Fiやデザリング環境で使っています。
ちなみに、デザリングに使っているのはXperia Tipo。 
現在は、メールとLINEの確認だけTipoで行い、EvernoteやDropbox、ゲームなどはTipoでデザリングしてiPod touchを使っています。

ちなみに、維持費ですが、
この環境で、データ通信用SIMカードの維持に980円/月、
携帯電話の維持に3500円/月(これは盗難にあったiPhoneの月賦がまだ残っているためで、実質的にはもっと安いです。1000円/月くらい)
モバイルルーターも持っているので、この維持費が3500円/月ほどです。 

iPhoneを使っていたときは、iPhoneの維持に6000円/月ほどかかっていたので、 
それを考えれば 少し安くなったわけで、一概にデメリットのみとも言えないのですが、
やっぱりこの環境は、ちょっと日々のストレスが大きいな、と感じるようになりました。

まず、Xperia Tipoが、やっぱり日本で売られているスマホとくらべてしまうと比べ物にならないくらい遅い。
ルーターと割り切ってしまえば、メールもLINEも見られるしいいのですが、
(それに手触りも、コロッとしていてこれはこれでかわいいのですが)
CPUもカメラも貧弱なので、メールやLINE中に写真をアップしたりしようとするとやはり不便ですし、
Facebookの確認も動作が不安定です。
また、ウリのひとつでもあるはずのこの「小ささ」も、それは同時に操作がしにくいということも意味するわけで、
また平面的には小さいのですがその分厚みがあるので、容積としては決して小さくないです。軽いは軽いですが。

そもそも、Tipoの魅力とは 

  1. 端末が安い!

    iPhoneが使えなくなって、しばらくはモバイルルーターを常に持ち歩いていたのですが、
    その際には、電池の持ちがそんなには良くないため、しばしば電源を切っていました。 
    WiMAXのモバイルルーターは、 通信速度は申し分ないのですが、
    主に都下で活動しているわたしにとってはエリアが心もとなく、建物の中に入ってしまうと通信できなかったりするし、
    一度電源を切ってしまうと、接続するのにちょっと時間がかかったりします。
    そんな状態では、それまでLINEが使えることになっていたわたしにとってはちょっと不便です。
    なので、常時接続できて、LINEだけ使えればいいや……と思って購入しようと考えたのが、
    いわゆる新興国向けの低機能スマートフォンだったわけです。
    最近は、維持費は格安データSIMが充実しているので、1000円/月前後で持つことができます。
     日本で、iPhone並みの機能を持ったスマートフォンを買おうと考えれば、
    最近出たNexus5だって、5万前後を覚悟しなければならず、これでも格安です。
    その点、LINEだけ(できればメールも……)ができればいいのであれば、
    そんなに機能が充実している必要はありません。
    低機能でいいから安い端末、というのは、ワールドワイドに! さがせばちゃんとあるわけで、
    新興国向けXperiaであるTipoは、いろいろ込みでも15000円前後で購入することができます。
     
    安心のSony Ericssonだし、いいかなと思って。 
  2. 小さい!

    Tipoの魅力は、やっぱり小さいことだと思います。
    日本のスマートフォンがたいてい4インチ前後であることに比べ、
    Tipoは3.2インチ。重さも100グラムを切っていて軽い。
    実際、しばらく持っていて、この小ささは魅力だなと思いました。
    女の子のお尻ボッケに入れても不自然でないですし。
    小さいとはいえ、厚みというか、コロッとしたデザインなので、存在感もあり、かばんの中で迷子になることもありません。

しかしやっぱり低機能はつらかった 

小さい分操作ミスが多い

使っていて、画面が小さい分、操作ミスがやっぱり多かったです。
Tipoの画面サイズで表示されるキーボードは、いわゆるフリック入力キーのひとつひとつが
わたしの人差し指の先くらいのサイズになってしまいます。
このサイズではやっぱり小さくて、その分増えるのは操作ミス。
思い通りに使える時と使えない時があるので、これは地味にストレスでした。 

LINEが十分に使えない

それでも、なんとかLINEを確認したり、ツイッターを見たりすることくらいはできるんですが、
LINEの使い方って、文字で返信するだけではないですよね?

とくに、スタンプを選び間違えたり、表示するのにちょっと時間がかかったりするのは、
それまでiPhoneやMacでLINEを使っていたことを思うとやっぱりイライラします。

それから、Tipoはカメラの機能があまり良くないので、
LINEで写真を送るのはちょっと大変です。
オートフォーカスでないので写真を撮るのも大変ですし、画面の明るさもちょっと暗めなので、いったいどのくらいの明度で相手に送られるのか、ちょっと想像がつきません。
(これはこれで、トイカメラか何かだと思えばかわいいのですが……) 

ですが、情報として写真を送るのには、これではちょっと使い物になりません。
とくに、書類や掲示を写真にとって送ろうとすると、心もとないです。
どうしても書類を送りたいときは、一度iPod touchで写真に撮って、クラウドにアップし、それをTipoにダウンロードして、LINEで送る、ということをしていました。
とっても、面倒です。

わかっていたこととはいえ……

わかっていたことはいえ、やっぱりちょっと、これを本体として使うのはかなり厳しい。
どうしてもiPhoneとくらべてしまって、どうしてこんなことが? ということが十分にできなかったりすることをストレスに感じてしまうのです。

ルーターと割り切れば……

ルーターと割り切ってしまえば、それなりに使えます。
TipoはLTEに対応していないので、速度は3Gの速度になりますが、
デザリングの起動も速いですし、接続も安定しています。
電池の持ちも悪くありません。ずっとデザリングを起動したままで、10時間くらいは持つのではないでしょうか。
そういう意味で言えば、ルーターとして使う以外には、ちょっと使いにくいということ。
日本語フォントの表示も、root取らないとできないですし。
(そんなはなけは、rootとらずに使っておりましたが。日本語の表示自体は簡単にできますが、中華フォントです。)

うーん、どうしようかな。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です