GALAXYNOTE3(N9005)を日本語化した。

GALAXYNOTE3のsimフリー版を手に入れました。

手にして真っ先にわかる日本版との違いは、

  • ワンセグがない
  • おサイフケータイが使えない
  • 画面上部のロゴがdocomoやauではなくSAMSUNG

というところでしょうか。

simフリー版ということは海外で売られているものを輸入したということなので、手元に来た時点での言語表示は当然日本語ではなく、その端末が売られている国・地域の言語である、ということになります。

今回わたしのところに来たGALAXYNOTE3は、香港版なので、中国語でした。
これを日本語で使いたいと思います。

前の端末、Xperia Tipoは、日本語表示そのものは簡単に出来たものの、日本語のフォントをインストールするにはroot権限が必要でした。(ので、中華フォントのままで使っていました)

このGALAXYNOTEは、フォントのインストール自体はrootをとらなくても出来るようです。

しかし、日本語表示にすること自体がちょっと大変でした。
root化は必要ありませんでしたが……。

「クイック言語設定日本語」は使えなかった

クイック言語設定日本語
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.neko.freewing.LocaleJaJp&hl=ja

というアプリがありまして、S4? あたりではどうも使えるようです。 
GALAXYNOTE3はS4と同じ手順で日本語化出来る、という言い方で説明されることが多いようだったので、
GALAXYNOTE3でもいけるかなーと思ったのですが、パーミッションが必要、という表示が出ます。

ちなみに、「クイック言語設定日本語」 のメリットはPCでのパーミッション取得作業がいらない、という点にありますので、今回はこれを使うのはやめました。

順当にMoreLocale 2を使って日本語化

なので、ほかのサイトでも紹介されているように、MoreLocale2を使って日本語化しようと思います。

①GALAXYNOTE3に、MoreLocale2をインストール

まずは、
MoreLocale2
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.c_lis.ccl.morelocale&hl=ja

を、GALAXYNOTE3にインストールします。

触りはじめのときはやれあれやこれやとガイドが出ますが、
全部英語(または中国語)です。英語なら読めないことはないですしどうも単純なことしか書いていないようでしたが、一応日本語化したあとも読めるように、□もう二度と表示しない にはチェックを入れずに進みます。

②MacにAndroidSDKをインストール

AndroidSDK
http://developer.android.com/sdk/index.html

を、インストールします。

単純なアプリケーションではないですが、
http://techfun.cc/android/mac-android-sdk-install.html
を参考にしながら、インストールしました。ここにけっこう時間がかかったりしました。 

③GALAXYNOTE3でUSBデバッグを有効にする

これがなんかいいのかなーって感じなんですが、

設定>一般>端末情報>ビルド番号
(これも表記は英語です)

の、ビルド番号を連続で何度かタップするといつの間にか有効になります……。
一応ダイアログが出るようなのですが、わたしはタップのタイミングが悪かったのか、パッと出てすぐに消えてしまいました。
いつの間にか、ビルド番号をタップすると「すでにデバッグが有効になっています」みたいな表示が出るようになります。

④GALAXYNOTE3とMacをケーブルでつなぐ

とりあえず、つなぎます。

⑤「ターミナル」からadb shellを起動する

ダウンロードしてきたフォルダの中に、SDK>platform-tools>adbがあるので、そのフルパスを指定して、shell、と入れます。

application/adt-bundle-mac/sdk/platform-tools/adb shell

みたいな感じです。
上手に起動できれば、successfullyとか出て、shell@hlte;/ $と出ます。

⑥MoreLocale2にパーミッションを与える

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

と、入れます。
これで、GALAXYNOTE3側のMoreLocale2で日本語が指定できるようになります。 

⑦GALAXYNOTE3でMoreLocale2を起動

MoreLocale2を起動すると、言語リストもあるんですが、
そこには日本語はありません。

上の方にロケールを詳細に設定するみたいな表示があるので、そこをタップすると、

ISO639、ISO3166と書いてある場所があるので、そこをタップすると、それぞれ日本語、日本を選択できます。

設定、を押して、完了です。

ふー、大変だった!

これだけでは手書き認識は日本語を認識してくれないっ

ですが、手書き認識で日本語を有効にするのは、そんなに大変ではありません。

設定>コントロールタブ>言語と文字入力>SAMSUNGキーボードのコントロールボタン
から、入力言語を追加、をタップして、日本語を追加します。

言語と文字入力に戻り、「手書き認識」の言語をタップすると、リストに日本語が追加されます。

これで、手書き認識で日本語が使えます。

 

以上で、環境はほとんど日本版と変わらなくなります。