S-viewカバーが届きました!

先日購入したGALAXYNOTE3のためにカバーを購入しました。

純正カバー以外にもいろいろ出ているので、迷ったのですが、
迷った末に! 純正のS-viewカバーを購入しました。
いやー、高かった。

カバーに6000円強というのは、やっぱりちょっと高いというのが、ためらった理由です。
でも、 結果的にはいい選択でした!

手触り良好!

知人がすでに使っていたので、手触りの良さは知っていたのですが、
改めて自分のカバーを手にしてみると、手触りの良さがなお強調されます。
いわゆるいい手帳のカバーの手触り。 
使えば使うほど味が出る……というタイプではなさそうですが、
GALAXYNOTE3の背面の擬似ステッチと同じようにステッチ(これは本物)が施されており、
丁寧な作りです。 

薄い!

GALAXYNOTEユーザーには別段新しいことではないのかも知れませんが、
本体の裏蓋を外してカバーをつける、というスタイルなので、
カバーを付けても薄いのです。
カバーをつけていない状態と変わらない……とまでは行きませんが、
カバーを付けたとは思えない薄さ。
本体を押さえるためのパーツが外から見えないので、カバーとしてかなりミニマルな作りになっています。
裏蓋を外してつけるタイプのカバーならではの感触だなと思いました。

背面が平らに!

これはかなり嬉しかったのですが、
このカバーを付けたことで背面が平らになりました。
GALAXYNOTE3はカバーを付けない状態だとカメラの部分がポコっと浮き出ており、 
机の上などに置いて使おうとするとちょっと不安定でした。
ですが、このカバーをつけると背面が平らになり、
机の上に置いて使いやすくなりました。 

アクションメモがすぐに使える!

机の上に置けるとなにがいいか?

Sペンが格段に使いやすくなります!!

普通の手帳でも、どんなに表紙のしっかりした手帳でも、
机の上に置いて書くほうが書きやすいですよね。

背面が平らになって、机の上に置いてSペンを使えるようになったので、
手書きメモを取るのがとても楽になりました。
GALAXYNOTE3を手に持って書くよりも字を小さく書けるので一画面でたくさん書けますし、
ちょっとくらい複雑なこともじゃんじゃん書けます。

そして、普通の状態だと、アクションメモを取るのに何ステップか必要ですが、
このS-viewカバーは、このミニ窓の機能がかなり制限されている代わりに、
アクションメモがすぐに取れるようになっています。

カバーを閉じた状態でまずSペンを取り出し、
S-viewのロックを解除、 と同時にアクションメモボタンが表示され、
アクションメモボタンをタッチすればメモが取れます。

これがかなり手軽! 

このアクションメモの使い方も、ちょっとずつコツがつかめてきました。
これはまた次回! 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です